■ 店主ご挨拶

皆様に、おいしいお蕎麦を食べていただくために、 毎日朝5時から蕎麦打ちを始めます。

店主のブログ:
http://blogs.yahoo.co.jp/inabari2ban/folder/107613.html

■ 蕎麦打ち

蕎麦打ちには「一鉢・二延・三包丁」という格言があります。
まずは、鉢に蕎麦粉を入れます。
大体いつも3種類の蕎麦粉を用意して、打つ蕎麦により使い分けています。

 

蕎麦打ちは最初の5分が勝負です。
その日の気温と湿度から水の量を決めます。
蕎麦粉に均等に水を回し、手早く混ぜます。
ここで、その日の蕎麦の味が決まります。
蕎麦粉を練り上げていきます。
菊練、へそだしと工程を経て、最後にまん丸お月さんの様な形に成ります。
ここまでで「一鉢」が終わります。
次に「二延」の工程に入ります。
まずは「丸出し」といって麺棒を使って丸く伸ばしていきます。
続いて「四つ出し」といって、丸から四角に伸ばします。
この後、「荒延」、「本延」、「点検」と進み、
「二延」 の工程が終わります。

「本延」した生地を幾重かにたたみ均等に切っていきます。
蕎麦の種類により微妙に細さを変えて切ります 。
「三包丁」の工程が終わると、蕎麦打ちが完了します。


お待ち申し上げております